リビアングラス エッグシェイプ

パワーストーンのINFONIX
パワーストーン 新着商品
パワーストーン レア VIP
パワーストーン ブレスレット
パワーストーン ペンダント
パワーストーン ヒマラヤ水晶
パワーストーン ヒマラヤ水晶ペンダント
パワーストーン ヒマラヤ水晶ブレスレット
パワーストーン クラスター
パワーストーン 水晶
パワーストーン 各種鉱物 原石 結晶
パワーストーン 丸玉
パワーストーン マガタマ
パワーストーン 携帯ストラップ
パワーストーン その他
パワーストーンのINFONIX 天然石の浄化方法
パワーストーンのINFONIX 本水晶の見分け方
パワーストーンのINFONIX 天然石の効果
パワーストーンのINFONIX 代表的なパワーストーン
パワーストーンのINFONIX チャクラの性質とパワー
パワーストーンのINFONIX
パワーストーンのINFONIX 誕生日の花
パワーストーンのINFONIX アンケート
リビアングラス エッグシェイプ
約2900万年前に隕石が衝突した衝撃で出来た天然ガラス
産地:リビア砂漠 Libyan Desert
>>LIBYAN >>発送・送料 >>お支払い >>お問合せ >>特定商法関連 >>カートの中を見る
リビアングラス
リビアングラスはリビア砂漠で採れる天然のガラスです
チェコのモルダウ川で産出するグリーンのモルダバイトと同じテクタイトで
約2900万年前に隕石が衝突した際の衝撃と高熱によって溶けた物質が冷えて固まったものとされています
実際にリビアングラスの内部にはニッケルや鉄などの成分が含まれる場合もありますが
リビア砂漠には隕石が衝突したとされる巨大なクレーターは無く、その正体は謎に包まれています。
世界各地で産出されるテクタイトはほとんどが黒い色をしていますが
このリビアングラスはレモンイエローの色合いを持っています。
ツタンカーメン王の墓からはリビアングラスで創られたスカラベが発見されており
悠久の時を越え古代エジプト人達がこの天然ガラスを宝石として大切に扱っていたことを窺わせてくれます。
クリストバライト/cristobalite
化学組成:SiO2、結晶系:正方晶系 、へき開:なし 、モース硬度 6.5
光沢:ガラス光沢 、色:白色 、比重: 2.3
クリストバライト)は、二酸化ケイ素 (SiO2) の結晶多形の一つで、石英の高温結晶形。
高温化で結晶となるクストバライト、隕石が衝突した際の高温を窺わせる物質です。

クリストバライトがインクルージョンされている透明度の高いリビアングラスのエッグシェイプです
自然にできた窪みが存在しています
ふわっとした白いクリストバライトをインクルージョンする透明度の高い天然リビアングラスで作成したエッグシェイプ
ツタンカーメン王が愛した美しいイエローの色合いを持つ天然リビアングラスです
2900万年前はいったいどのような世界だったのでしょう・・・
悠久の時を超えて2900万年の世界へ想いを馳せてみては如何でしょう
SIZE:48.6×34.1o 62.3g 

リビア砂漠産リビアングラスエッグシェイプ 【LIBYANGLASS-EGG623IS】1個 298,000円
SOLD OUT
お買い上げ有難うございます


パワーストーンのINFONIX

リビア砂漠(英: Libyan Desert)は、北アフリカ、エジプトのナイル川河谷からリビア東部に及ぶ砂漠。
エジプトでは西部砂漠と言う。広義のサハラ砂漠の一部をなす。
標高150〜300m、面積約170万平方キロメートル。流砂による砂丘地帯が広がる。
シワ・オアシス、カスル・ファラーフラ、クフラなどのオアシスがある。古来アフリカ内陸との隊商ルートが存在した。

1959年。イタリアの地質学者によって砂漠からアメリカ空軍の爆撃機が発見された。
奇怪なことに、その爆撃機は1943年8月に地中海で行方不明になった機体であった。
しかも16年後に発見されたにも関わらず、機体はどこも故障しておらず無線も作動した。
乗組員9人の遺体はどこにも見当たらなかった。
砂漠に不時着したのなら無線を打てばよかったはずなのだが、真相は現在に至るまで謎である。

また、大小の天然ガラスの塊で構成された領域が点在しているが、
石英の融点が摂氏1700度を超えなければガラス化しない点を考えると核爆発などの影響によって形成された疑いもある。

ウィキペディアより転載

撮影条件により実物と写真では印象に若干の相違いが出て参りますのであらかじめご了承ください。
また、お客様のモニターの特性により、画像の色が実際のものと多少異なって見える場合がございます事をご承知おき下さい。


Copyright (c)INFONIX. ALL rights Reserved.