ヒマラヤ ショールトルマリン 群生
産地:ネパール/サンクワサバ郡・Shankhuwasava

チャムラン ヒマール(山群名
HONGU (Sura Peak)6764mをはじめTUTSE (Peak 6)6758m
YAUPA6432m、SHERSON (Peak 3)6422mなどの山々からなるチャムランヒマールの在る
「サンクワサバ郡」Shankhuwasavaで採掘されたショールトルマリンの群生です

完売致しました
ヒマラヤ産ショールトルマリン
【HIMARAYA-TOURMALINE01】
SOLD
ヒマラヤ産ショールトルマリン
【HIMARAYA-TOURMALINE02】
SOLD
ヒマラヤ産ショールトルマリン
【HIMARAYA-TOURMALINE05】
SOLD
ヒマラヤ産ショールトルマリン
【HIMARAYA-TOURMALINE06】
SOLD

トルマリン「tourmaline」電気石 10月の誕生石
結晶系:三方晶系 または六方晶系
化学組成:(Ca,K,Na)(Al,Fe,Li,Mg,Mn)3(Al,Cr,Fe,V)6(OH,F)4(BO3)3(Si6O18)
モース硬度:7-7.5
比重:3.06

トルマリンは、ケイ酸塩鉱物のグループ名で
結晶を熱すると電気を帯びる性質があるので、和名を電気石と呼んでいます。
主要産地:ブラジル、スリランカ、アメリカなど


ショールトルマリンとは不透明で黒い色をしたトルマリンを指します


撮影条件により実物と写真では印象に若干の相違いが出て参りますのであらかじめご了承ください。
また、お客様のモニターの特性により、画像の色が実際のものと多少異なって見える場合がございます事をご承知おき下さい。


インフォニック home ご意見等 会社案内 サイトマップ (c)2002-2010 INFONIX パワー・ストーンのINFONIX